新着
1月15日(金)☀ 業間や昼休みの遊びを終えて教室に戻っていくとき、大勢が一斉に動きます。一人一人の声はそんなに大きくなくても大勢いるため、非常に大きな音となって鳴り響きます。特にさくら通りを通るときは、校舎の構造上、さらに大きな音となって反響します。近くには保健室や会議室があり、休んでいる子や会議をしている人に迷惑をかけてしまいます。そこで、無言タイムを設定しました。業間や昼休みだけでなく、朝の時間や給食の準備など、静かにしなければならないときに無駄な言葉を出さないように気を付けています。 特に遊びから帰ってくるときが一番騒がしくなるので、6年生が自主的に無言を呼びかけています。先生が注意するよりも6年生が看板をもって立っているだけで、とても静かになりました。12月末から、6年生が始めてくれました。当番を決めて全校のためにがんばる6年生に感謝です。