学校 人権・同和教育参観日

 

10月10日(水)今日は、人権・同和教育参観日です。昔はこの日は体育の日で祝日でした。時代は刻一刻と変化していきます。さくらっ子たちも日々変化しています。授業を通してさくらっ子の成長を感じていただけたら幸いです。

 

【授業参観】

 

【1年生】

部屋の四隅という題財で、人によって好き嫌いがあること、またその理由もいろいろであること、そういうことから一人一人いろんな考えをもっていることに気付き、「みんな違ってみんないい」と思う気持ちを育てることをねらいとして授業を行いました。

 

【2年生】

2年生は道徳の授業でした。「みほちゃんととなりのせきのますだくん」という題財で、自分の思いだけでなく、友達の気持ちを考えることも大切にして、互いの気持ちを理解しながら接することができるようにするというねらいで学習しました。

 

【3年生】

「あなたならどうする」という題財で、相手の立場を考えながら、自分の言いたいことを伝えるにはどのように言えばよいかを考え、実践できるようにすることをねらいとして授業を行いました。

 

【4年生】

「プレゼント」という題財で、「いじめ」という行為を例に登場人物それぞれの気持ちを考えることを通して、他人への思いやりやいたわりの心といった人権尊重意識を養うことをねらいとして実施しました。人権擁護員の方が熱心に指導をしてくださいました。

 

【5年生】

「権利の熱気球」という題財で学習しました。

「愛し愛される権利」「きれいな空気をすう権利」など10の権利について、自分が大事にしたい権利に順番をつけ、そのことについて話し合うという授業です。

自分の気持ちに気付いたり、友達の思いを知ったりすることで、一人一人の考え方の違いを認め合うというねらいで学習が進められました。

 

【6年生】

「正しく使おうスマホ・ケータイ」という題財で学習しました。携帯会社の方を講師として、学年全体で授業に臨みました。「インターネットを介したコミュニケーションの特性を理解させる。また、相手の気持ちを大切にしたコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる。」をねらいとしています。

 

【さくら組】

さくら組さんは1組から4組までみんなが合流して、「力を合わせて気持ちを合わせて」という題財で授業を行いました。「ゲームを通して、友達のことを理解したり、一緒に活動する楽しさや友達のよさを感じたりして、これからもよりよく人とかかわっていこうとする態度を養う」というねらいで学習しました。

授業の後は、体育館に全校が集まり人権集会を行いました。それについては、後日報告いたします。

今日は、人権に関する授業をご覧いただき、ありがとうございました。さくらっ子たちの成長を感じていただけたことと思います。