鉛筆 1年生お勉強がんばってマス・・・その6

 

暑い日が続いています。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」という言葉もありますが、私のような凡人には到達できない域です。

しかし、子どもはえらいです。何かに集中していると、暑さを感じないようですね。

1年生も、また、学習に集中し、暑さをものともせず、がんばっていました。

 

【1年4組】

朝の会の最後の方の「先生のお話」の時間でした。

大雨の被害を受けた地域の人たち、特に小学生を対象に、その人たちの助けにならないかということで、「さくら小児童会」からの提案を4組の子どもたちに担任が説明しているところです。

「何もかも流されて困っている人を助けよう、そのために使っていない文房具などを集めて届けよう」

その話を真剣に聞いている4組さんです。

先生の方をしっかり向いて、姿勢を正しくして聞いている4組さん。えらいです。

きっと、家に帰って、「お母さん、困っている人のために、このえんぴつを持って行っていい?」「お父さん、大雨で何もかも流された人がいるんだって。何か協力したいな。」というようなことを家の人に伝えるのでしょう。

たくさんの善意が集まるといいですね。

 

 

【1年3組】

朝の会が終わって、1時間目の授業に入る前の様子です。

「ねえ、みんな。きのう朝顔の花を使って色水を作ったよね。楽しかったよねえ。楽しくできたのは朝顔さんのおかげよね。ところで、その朝顔さんに水をあげましたか?」

忘れていたわけではありません。水をあげる時間がなかったのです。急いで水をあげます。

元気に育ってね。

先生の分にも水をあげるやさしい子たちです。

大発見!先生の顔が大きく見える!

ペットボトルに入った水がレンズのようなはたらきをして物が大きく見えることを発見したようです。こんな具合に学習していくのですね。

やさしく、おもしろい3組のみなさんでした。

 

 

【1年5組】

国語の勉強をしていました。

 「えにっき」の勉強をしています。

「絵日記に書いていることは何でしょう?」の質問に「いつ」「どこ」という元気な答えが返ってきました。

バンバン手を挙げて、バリバリ発表する5組さんです。

こうして、絵日記に何を書いたらいいかを理解していきます。

さあ、これで、絵日記を書けますね。

 

【1年1組】

国語の勉強をしていました。5組さんがやっていた授業の次の授業のようです。

絵日記の書き方を勉強した1組のみんなは、実際に絵日記を書いていました。

日記を書き込んでいる子、絵をかいてそれを塗っている子、みんな、黙々と取り組んでいます。

この子は、体育の時間のことが印象に残ったのでしょう。鬼ごっこやリレーなどが楽しかったのですね。

それぞれの思いを絵日記に表現しています。文章も絵もどんどんうまくなっている1組さんたちでした。

 

 

【1年2組】

2組さんも国語の授業ですが、絵日記ではありません。グループごとに集まって何かしています。

大きなかぶの動作化をしているようです。

「おじいさんは、腰を曲げた方がいいよ。」

「ここは、力一杯引っ張っているようにしよう。」

グループで話し合いながら協力して進めています。

動きが決まってきたようです。

グループの発表です。上手にできているところはどこかな?工夫しているところは?

動作化を通して、登場人物の気持ちを読み取るのでしょうか?

グループで協力して取り組むことができる2組のみなさんです。

 

この1学期間、1年生は随分成長することができました。1年生担任の力もさることながら、保護者の皆様のご協力とあたたかい見守りがあったからだと思います。

ありがとうございました。

1年生の成長を2学期もお届けしたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。