ブログ

汗・焦る 運動会回想録・・・表現(ダンス)低学年

11月17日(火)☀

穏やかないい天気です。

今日は「将棋の日」だそうです。「江戸時代、将軍の御前で御城将棋とよばれる対局が行われていて、徳川8代将軍吉宗の時代に、その式日が旧暦の11月17日と定められたことにちなんでいる」と新聞に掲載されていました。

さて、運動会回想録も表現を残すのみとなりました。表現の第1弾は低学年(1・2年生)の様子をお届けします。

 

【1年生】

1年生の「ダンシングたまいれ」です。入場前にも表現します。それが終わったら玉入れの場所へ移動します。

音楽が流れている間、可愛く、かっこよく踊ります。

 

ダンスが止まると、玉入れに切りかわります。

また、音楽が流れだすとダンスをします。

玉の数をみんなで声をそろえて数えます。ひとーつ、ふたーつ、みっつー・・・

団体競技の玉入れとダンスを組み合わせた1年生の可愛く楽しいパフォーマンスでした。

 

【2年生】

まずは、入場して最初の隊形づくりです。

2年生の表現は「えがお100%スターマーカー」です。

黄色、赤、青、緑の4色の手袋が鮮やかに空中を舞います。

笑顔の子、緊張した面持ちの子といろいろですが、みんな一生懸命です。

細かいところの動きが、練習を重ねてどんどん上手になってきました。

1年生のときより成長した姿を見せてくれた2年生でした。