ブログ

学校 第3学期始業式

1月8日(金)☀

まとめの3学期がはじまりました。元気な声であいさつしながら寒さに負けず登校してくるさくらっ子の姿が見られうれしく感じました。

コロナ対策としての放送による式にも慣れてきました。その始業式の様子をご覧ください。

 

3学期の始業式は、「冬休みの経験を振り返って新たな希望と自覚を深め、3学期に向けての心構えを育てる」ことをねらい(夢)として実施しています。

 

教頭先生の開式の言葉の後、国歌を清聴しました。

次に友達の話です。3年生と6年生の児童が代表で発表しました。

最初は3年生男子の発表です。

冬休みに部活とお手伝いをがんばりました。部活では基礎的なことと、試合で何ができるのかを考えての練習に励みました。お手伝いでは、寒さに負けず風呂掃除に意欲的に取り組みました。3学期には、苦手な教科の勉強と運動に取り組みます。また4年生に向けて周りをしっかり見て進んで行動し、相手の気持ちを考えた言葉遣いを意識して生活します。

決意を堂々と発表できました。

 

次に6年生女子が発表しました。

冬休み中には、自分で企画して家族と交流を深めました。また勉強もがんばり、自分の課題にしっかりと取り組みむことができました。 3学期は、「中学に向けての勉強をがんばること」「卒業までにクラスの仲間とたくさん思い出をつくり、友達のよさを見つけて絆を深めること」という2つの抱負を掲げ、1分1秒を大切にした小学校生活を送ります。

最高学年らしく立派な発表ができました。

 

2人そろって、もう一度大きな拍手をいただきました。 

 

友達の発表の後、校長先生からお話がありました。

「丑年にちなんで、誠実粘り強くがんばろう。」

「自分の根(心と頭)をゆたかですばらしいものにし、自分自身を支え成長させよう。」

「自分の夢に向かってがんばろう」

 

最後に校歌を聴いて始業式が終わりました。

さくらっ子一人一人が新しい気持ちで夢膨らまし、命煌めかせていってほしいものです。コロナに負けず、充実した3学期になることを期待します。