カテゴリ:5年生

理科・実験 5年生の理科

 

5年生の理科の様子です。教頭先生が教えています。

5年3組のようです。

流れる水の働きの学習をしていました。

ビデオを視聴して、分かったことを発表していました。

 

ノートです。きれいに整理されています。

 

西日本豪雨災害がありました。水の怖さを思い知った災害でした。流れる水も量がとんでもなく増えると災害を引き起こします。そんなことも学習しました。

 

 

 

音楽 連合音楽会・・・5年生

 

11月7日(水)松山市市民会館大ホールで、松山市の連合音楽会が開催され、さくら小学校からは、5年生が代表で出場しました。

 

先日、校内で行われた、第2回ハーモニー集会で発表したときよりも、すばらしい歌声をホールいっぱいに響かせてくれました。

 

1曲目「友だちだから」

みんなの気持ちを一つにして歌い切りました。

 

数名の子が数歩前に出て歌っています。口がよく開いています。

 

 

2曲目「With You Smile」

笑顔で歌ってほしいところですが、その余裕はないようです。笑顔でない分、心をこめて真剣に歌いました。

歌声はもちろんすばらしいものでしたが、さくら小学校の代表として恥ずかしくない、立派な態度で臨むことができました。

 

最後に各学校の音楽の先生方が「まっかな秋」を聴かせてくださいました。流石でした。

 

 

 

会議・研修 研究授業・・・社会科・・・5年4組

 

10月24日(水)に5年4組で研究授業が行われました。社会科の学習です。自動車工業の勉強で、どのような車をつくっていけばよいかについて考えました。

 

 

「日本は、これからどのような自動車づくりをしていけばよいか」という学習課題で始まりました。

 

話合いの進め方についての説明です。テレビ画面を使って説明をしています。タブレットを使っています。

 

事前に考えてきたことを付箋に書いています。

 

自分の考えを説明しながら、ピラミッドチャートに付箋を貼り付けていきました。

 

グループは3人です。話し合うのにちょうどいい人数です。

 

「ぼくは、排気ガスを出さない、電気自動車をつくればいいと思います。環境にもやさしくて体にもいいと思います。」

「わたしは、どの車にも衝突を避けたり、衝突してもけがをしないようなシステムをつけた車がいいと思います。」

と活発な話合いが展開されました。

 

できあがったピラミッドがこれです。同じような考えをまとめて、「安全」「環境」などの観点別に仕上げました。

 

観点を画用紙に書いて・・・

 

黒板に貼り付けていきます。

 

全体での話合いにうつりました。

各グループで出てきた観点をまとめていきます。

「安全」「事故防止」「ぶつからない車」などはひとくくりにしていきます。

 

 

そうすると、大きく「安全」「環境」「福祉」の3つのまとまりになりました。

 

それぞれのまとまりは、何のためなのかを考え、発表しています。

 

社会や消費者のニーズに応える自動車づくりをしていくことが大切であるというようにまとまりました。

 

学習を終えての振り返りです。社会科日記を書いています。

 

社会日記の発表をして授業が終わりました。

 

教室に掲示されていました。今日の授業までの学習がよく分かります。これまでの学習の振り返りもできます。

 

真剣に考え、主体的に取り組んでいる5年4組のさくらっ子たちでした。

 

 

 

 

 

 

 

鉛筆 5年生お勉強がんばってマス・・・その6

 

5年生は今、連合音楽会での発表に向けてがんばっています。

 

指揮は先生が、伴奏は女の子が行います。

見事な指裁きで演奏していました。

曲名は「友だちだから」

一致団結を目指す5年生にぴったりの曲です。

 

練習の間に休憩を入れます。この休憩が楽しく、気分がほぐれます。「さんぽ」の音楽にあわせて足踏みをし、曲の切れ間にじゃんけんをします。

 

気分がほぐれたところで、次の曲の練習に入りました。

 

こちらの伴奏者もとても上手です。

 

曲目は「With You Smile」

「笑顔の中でのびるさくらの子」の教育目標にあった、ナイスチョイスですね。

 

これは、別の日に撮影したものです。自主練習をしています。感心しました。

手前に座っている子が出番を待っています。主体的にがんばろうとする心がとてもすばらしいです。

 

 

続いては体育の様子です。

2クラス合同で、跳び箱をしていました。

 

高さの設定を変えて、自分が跳べる高さに挑戦しています。

 

高さへの挑戦だけでなく、きれいな跳び方を目指します。手の着き方、着地などがポイントです。

この男の子は綺麗に着地していました。

 

食欲の秋、読書の秋とか、いろいろな秋がありますが、5年生は芸術の秋と運動の秋でがんばっています。

 

 

 

 

 

鉛筆 わくわく出前教室

 

10月16日(火)、今日、5年生は、「わくわく出前教室」を受けました。

松山市教育研修センターから講師の方2名がさくら小に来てくださいました。

授業は国語です。

世界遺産である「白神山地」の自然保護について学習するものです。

 

元小学校校長先生の巧みな話術で、5年生みんなが引き込まれました。

 

「さくら小」と「桜小」2つのうち、どっちがいい?

ひらがなの方が圧倒的に多かったのですが・・・

 

ぼくは、漢字の方がいい。一文字で書けるし・・・。

 

ぼくは、ひらがなです。1年生にも分かりやすく・・・。

こういうふうに、さっと二者択一でき、その理由も述べることができるのが5年生。

すばらしいとほめていただきました。

 

 

さあ、白神山地に出かけます。

 

日本は国の広さは世界で62番目だけど、世界遺産の数の多さでは12番目・・・ほう・・・感嘆の声がもれます。

 

さて、予習で教材文を読んできての感想の発表です。

 

しっかりと感想を述べています。

 

この単元の学習はむずかしそうだけど、大丈夫と説明されました。

聞いていると、簡単なんだと暗示にかけられたようでした。

 

実際に白神山地に行かれたときの様子を写真を使って説明していただきました。

 

単元最後に自分の意見をまとめる学習も、講師の先生によって、何だかできそうな気分になってきました。

さあ、これで、この単元の学習はばっちりですね。